『 コスト削減 』をよく考えてみる。

Think about cutting down costs.

会社を運営していくうえで、あらゆるコスト(経費)が発生します。事業を大きくしていけば、比例して人件費、賃料、電気代などのコストも大きなものになってきます。会社にとって必要不可欠なコストですが、無尽蔵に消費できるわけではありません。

売上げを増やし、コストを削減する。不景気の今、売上を伸ばすことはなかなか難しいのが実情です。経費を完全になくすことはできませんが、経費を削減することは充分に可能です。また、売上げを予測するのは難しいですが、コストを把握することは簡単です。その中から運営上支障のないレベルで削減できる部分を探していけばよいのです。

経費の削減額 = 純利益

Raw profits.

コスト削減は会社の利益に直結する重要な取り組みといえます。
その中でもコスト削減で大きな削減が期待できる一番手として、電気料金が挙がります。
電気料金の削減・省エネの動きは年々大きくなってきています。
今、高い電気料金のコストをどれだけ下げることができて、
どれだけ利益を上げることができるか。
どの企業・事業者様も非常に大切な取り組みとして考えています。

ただ、いかにコストをかけずに、有効に電気料金を削減することができるか、
BlueSkyプレート(ブルースカイプレート)は、様々な電気料削減方法の中においても
この深刻な問題をスムーズにクリアできる仕組みのある最新の節電システムです。
BlueSkyプレートを導入することにより、最適な方法でのエネルギーコストの削減に貢献し、
数多くのマーケットの問題を解決していきます。

『 電気料金の削減 』 を、よく考えてみる。

Reduce electricity cost.

従来の電気料金削減の機械製品・システム等にみられる問題点

  • 保守・メンテナンス費用の発生
  • 故障の際の復旧費用
  • 照明、機械の取り外し・交換時費用
  • 移転・閉店の際の取り外し・設置費用
  • システムが止まった期間の電気料金(削減ストップ)
  • リース更新、続くレンタル費用
  • 都度対応、打合せ、現地立会い
  • 再び他社・別方式切替等行動・検討会議
  • 上記すべてに関わる人員・時間等コスト ‥etc
電気料金を安くするには、導入後のコスト等も含め総合的に考えなければいけません。
機械式であれば、保守・メンテ費のかかるものもありますし、機械なので故障することも想定すれば、故障時の修理・復旧費もかかります。
もし移転するときには、取付取外しと運搬費等もかかりますし、移転先の電気設備に互換性がなく取付ができないといった可能性も考えなければいけません。
テナントで借りている物件の場合、取付工事でブレーカーや壁等に穴を空けることは、出ていく場合の原状回復を考えれば、当然導入リスクは高くなります。
電気料金が安くなっても、またかかる費用の発生もあり、中には本当に削減効果があるのか、よくわからない仕組みの製品もあります。
理想を言えば、工事、大型製品みたいな大がかりなものでなく、もっとスムーズに導入できるもので、仕組みもシンプルでわかりやすいものであり、導入リスクも低く、必要以外の余計なコストもかからないもので、もっと削減効果が高くて低価格なもの、でしょうか。
そのような理想なカタチでの電気料金削減ができれば、今までのような大がかりで高額な方法での節電対策など必要なくなります。

何もしないと下がらない電気料金
早く何かしないと損する電気料金

電気料金削減の答え
BlueSkyプレートがすべて解決します

お問い合わせ